+165324
   
朽木の里
鯖街道
比良連峰は、標高が高い山がないわりに豊富な地形の変化
で、登山者の間で「関西のアルプス」として親しまれていま
す。
朽木村は、その比良山系の西に位置し、朽木谷といわれる
山峡の底を流れる安曇川に沿うようにして町が開けていま
す。
かつて、海が遠い京の都に、日本海から鯖や鰈などの海産
物を運ぶためのルートがありました。
若狭湾でとれた鯖に一塩をして、一昼夜をかけて京都に運
んだところから、近年になってこのルートは『鯖街道』と呼ば
れるようになりました。
「京は遠ても十八里」といわれ、行商人が十貫(約38kg)もの
荷物を背負って険しい山道を行き来しました。
朽木氏
この『鯖街道』は、日本海から京の都に向けて海産物を運ぶ
ための道としてだけでなく、戦国時代にはときおり兵を運ぶ
ためにも利用されました。
織田信長が越前の朝倉氏を攻めて敗れたさいに、羽柴(豊
臣)秀吉らとともにこの街道を通って京都まで逃げ戻ったとい
うことがありました。
興聖寺の口伝によれば、信長は敗走の途上、朽木城(現郷
土資料館)に一泊して体を休め、城主であった朽木元綱の案
内で京都まで無事帰り着いたということです。
朽木氏は、婆娑羅大名として現代にも知られる近江(滋賀
県)の佐々木導誉と同じ一族で、室町時代には、12・13代将
軍が、戦乱を避けて朽木に長期の滞在をするほど、足利幕
府の信頼を得ました。
この、足利義晴・義輝親子が3度にわたって朽木村に滞在し
た時期には、京の都から公家や朝廷の使者などが訪れ、実
際に執政がおこなわれていました。ですから、室町の一時
期、朽木村に幕府があったということも出来るわけです。
「都こそ  いまは朽木の杣ならし  紅葉も花も  行くえしらね
ば」という京都の公家が詠んだ和歌が残っています。
現在の朽木
若狭湾と京の都の中間にあり、ふるくから交通の要所として
重視される朽木村は、近年になって道路の整備がすすみ、
恵まれた自然環境を活かした観光事業なども盛んにおこな
われるようになりました。 昭和58年頃のふるさと創世資金を
活用した探査で掘り当てた源泉を利用した「温泉てんくう」
は、温泉ファンが県外から訪れるほどの人気です。 「滋賀県
立いきものふれあいの里」では、小動物や昆虫が多く生息す
る地域環境をそのまま野外観察のフィールドにしようという、
画期的なこころみをおこなっています。 また、「朽木スノーフ
ェスティバル」「朽木渓谷鮎まつり」など、風土を活かしたさま
ざまな催しが、年間にわたって企画されています。
なかでも地域内外の人々がこぞって楽しめるのが朽木新本
陣で毎週日曜日に開かれる「日曜朝市」です。
国道367号線沿いの広場には鯖のなれ鮨、栃もち、天然うな
ぎの蒲焼き、山菜やキノコ、陶器や木工品など、土地の特産
品がずらりと並び、のんびりした山里のいっかくがこの日ば
かりは活気にあふれます。
|| ページトップ || ご利用案内 || 釣りの知識と情報 || 朽木を
楽しむ情報
|| リンク集 ||